★ヴィッツ タイヤ交換★

こんにちわ(*^^)v

国立府中インター店 粕谷です(^^♪

今日はヴィッツのタイヤ交換をご紹介します。今回交換させて頂くタイヤは・・・

ダンロップ LE MANS V 175/70R14  省燃費タイヤで静かな乗り心地の良いタイヤです。

それでは、早速交換していきましょう!!

まずはホイールからタイヤを外す為、タイヤとホイールが密着している部分、ビード部を浮かせていきます。専用機械でないと浮かせられません~( ゚Д゚)

この部分が密着していることにより空気が漏れなくなっているのですね( *´艸`)

続いて、浮かせたビード部よりテコの原理でタイヤを持ち上げ機械で外します。

無事にホイールから外せました(*^^)v

この時、空気を入れるゴムのバルブも交換しておきます。こちらも消耗品になりますので、定期的に交換が必要です。古いバルブは、ゴムが切れて空気が漏れてしまう恐れがございます。

当店ではタイヤ交換の際に新しい物と交換しております。

次は新しいタイヤを組み込んでいきます。グルグルっと回してはめ込んでいきます。

空気を適正値まで充填し、バルブから空気が漏れていないか確認をします。

余談ですが、、新品タイヤに付いているこの黄色のマーク。これは「軽点」と言いましてタイヤの一番軽い部分になるんですね。

バルブが付いている部分が少し重くなることから、軽点をバルブに合わせて組み付けるとバランスが良くなりますね。

ちなみに赤い点あるのですが、こちらはタイヤの外径が一番大きい部分、出っ張っている部分になります。

タイヤは真円を目指して作られておりますが、どうしてもずれてしまうのでバランス調整が必要なんですね~( ..)φメモメモ

最後にバランス調整をして、組み付け作業は終了になります。

車に取り付ける前に、ハブボルトの錆落としや清掃をし、固着防止剤を塗布し取り付けていきます。

これにて作業は無事に終了です。

取り付けた後に適正の力で締付け確認をし作業終了となります。

今回交換させて頂いたタイヤは、、、

DUNLOP LE MANS V  42000円

当店では4月、5月ではタイヤ最大50%OFFのキャンペーンを実施しております。

また5月7日、8日、14日、15日にご成約のお客様へクオカードもプレゼントしております。

「今のタイヤはまだ大丈夫かな~」「高速に乗るけど空気は平気かな~」等空気の点検だけでもお気軽にご来店下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

関連記事

  1. ★ドライブスルーガラスコート販売開始★

  2. ★夏に向けての準備 エアコン復活★

  3. ★タイヤ交換&エアコンガスクリーニング★

  4. 三鷹中央作業報告②

  5. ★クラウン マフラー交換★

  6. エルグランド バンプラバー交換