ピノ オイル漏れ修理

小手指店整備士 影山です。

今回は日産ピノのタペットカバーのオイル漏れを修理させていただきます。

軽自動車はよく悪くなる所ですね。

そのままにしておくと、漏れたオイルによって別の部品もダメにしてしまう場合がありますので注意が必要です。

今回もプラグの点火の不具合も併発しておりました。

では早速タペットカバーを外します。 ゴムのパッキンが硬化してプラスチックのようになっています。

 

カバーを外すとエンジン内部が見れます。あまり見れない場所ですね。

外したパッキンと新しいパッキンです。古いパッキンはボロボロですね。

カバーをキレイに洗浄して新しいパッキンを取り付けます。

 

パッキンの取り付けが出来ましたので、タペットカバーをエンジンに取り付けます。

そのほかの部品も戻して作業完了です。

 

これでオイル漏れの修理完了です。これで安心して走行できますね。

修理のご依頼ありがとうございました。

 

関連記事

  1. ★超危険!!タイヤのバースト★

  2. ★ステアリングラックブーツ交換★

  3. BMW【ヘコミ】40cm 57,200円

  4. ★エアコンの冷え 回復★

  5. 三鷹中央改装工事その2

  6. うまいっ!回田グルメ ★ Vol.1