原因はここにあり! 📹動画付き📹

梅雨の季節になってきてジメジメモード💦

全く関係ないですが、ENEOS恋ヶ窪店のカーネルサンダースことY氏は

すでに100回は「暑い」と言っております。

それを聞いてる私も心の中で「うるさい」と思っております(;´Д`)

皆さんの今年も熱中症にはお気を付け下さい。

さて余談から始まりましたが、

今回はH24式

DE3FS

マツダ

デミオ

のショックアブソーバーを交換しました。

 

何やら乗っているとふわふわして怖いとご来店

調べてみると、完全にフロントショックアブソーバーのオイル抜けでした。

オイルが抜けると、油圧が掛からずスプリングの反動を抑制出来なくなります。

その為、凸凹道を走るとバネは縮んだ分だけ戻ろうとします。

しかし、それを抑制するショックアブソーバーは働きません。

バネの戻る力を抑制出来ない車は、

ホッピング イラスト素材 - iStock

こんな感じで弾んでしまいます。(イメージ)

この反動が車体に伝わり、跳ねるように感じたり

4輪の荷重バランスが狂い

真っ直ぐ走りにくくなります。

つまり、ショックアブソーバーの一番の仕事は、スプリングの反動の抑制です。

 

左=OLD 右=NEW

見た目じゃ分かりにくいですね(^^;)

 

本日お見せしたいのが、こちら!!

右奥のエアコンPOP(エアコン編はこちら)が気になりますが、正面2本のショックアブソーバーにご注目☆彡

いかがでしょうかッッ!?

恋ヶ窪店、店長の左親指パワー!!!!!!!!!!!!

って、なんでやねん(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

・・・

ブログだとどんだけ滑っても怖くないですね(*^▽^*)☆

 

話を戻して・・・

こんなに差が出るんですね!

NEWは腕プルプル、血管ムキムキ

OLDは簡単に押せるし、戻ってもこない💦

弾む原因はこれですね。

 

ショックアブソーバーのオイル抜けは、経年劣化がほとんどの原因。

「ふわふわ」を感じたり、足回りからの「カタカタ」「コトコト」の異音もオイル抜けが原因の事が多いです。

 

異変を感じたら、ご相談下さい。

 

 

 

関連記事

  1. あけましておめでとうございます🐅

  2. エルグランド バンプラバー交換

  3. 【驚きの仕上がり】アクリルレジンコーティング

  4. ★タイヤ交換 BMW承認タイヤ★

  5. レンタカーで旬のニジマス釣りはいかがでしょうか

  6. 自然と調和する💛ココロ豊かな毎日を目指して