20プリウス HVインバーターウォーターポンプ交換

今回は20プリウスでよくある症例なんですが...

走行中にエアコンが効かなくなり送風状態になってしまう症状です。

この時期にエアコンが効かなくなってしまうのは生死に係わる問題ですよね。

お客様も大変お困りなので早急に対応致します。

まず、お客様に問診させていただくと最初の30分前後は普通にエアコンが効き冷えるのですが

途中から送風になってしまう。との事です。しばらくしてエンジンをかけ直すと復活してエアコン

が効き始めるとの事です。

エアコンの不具合はいろいろな可能性があるのですが...

電動ファンの作動に問題は無く、ガス圧も異常ありません。

そうすると症状から疑わしいのがインバーターのウォーターポンプになります。

スキャンツールでダイアグを見ると【P0A93-346 インバーター冷却系統】が過去に残っていました。

お客様に確認すると以前にチェックランプが点灯して消去だけしていたとの事です。

早速、点検してみるとReady ON 及び整備モードでもインバーターウォーターポンプが回っていません。

 

電源は確認できるのでポンプ本体の故障のようです。

早速交換してエア抜きをして走行テストした結果、不具合は解消しました。

交換したウォーターポンプです。

以前にはディーラーでリコール又はサービスキャンペーンで無償修理していたみたいですが、結構

再発が多いようです。

今回のお客様も無償修理は行っており再発でした。

HV警告が出なくても、この症状が出るようです。

HV系は最悪システムダウンして走行不能になる事もあるので要注意ですね。

小手指 石井

 

 

 

関連記事

  1. キズ修理

  2. レクサス キズ修理

  3. レンタカー車両追加情報ッッッ‼

  4. ★タント パワーウィンドウスイッチ交換★

  5. 三鷹中央店コーティング祭り②

  6. ☆何をしているの?☆